腰痛・肩こりでお悩みなら中目黒駅徒歩30秒の中目黒義整体院

急な寝違え

急な寝違え

急な寝違えで悩んでいる方へ

首の関節や椎間板などに問題が

どうして寝違えが起こるの?

寝違えとは一般に、起床時に首や背中等にこれまでに無かった痛みが生じることを指します。
寝違えは首を動かしたときの痛みが強く、ひどい場合は痛みで首が固まったようにほとんど動かせなくなったり、数日に渡り痛みが持続することもあります。
寝違えでは、首の痛みに朝起きて気付くため、悪い寝方などで首を違えてしまって痛みが起こったということから、「寝違え」と言われるようになったのだと思われます。
しかし実際は、医学的には寝違えという病名はありません。
寝違えのような首の痛みは、日中起きている間にも急に発症することがあります。
医学的見地からすると、首の痛みを生じる頚椎症(けいついしょう)という病気が、朝起きた時に発症したものを「寝違え」と一般の方が呼んでいると考えられます。
もともと首の関節や椎間板などに問題がある場合、寝る姿勢が悪い、枕が合わないなど、ちょっとしたことがきっかけになり、首の痛みが発症します。
寝違えを何度も繰り返す人は、普段は症状がなくても首のゆがみや病気が隠れている可能性と考えられています。
痛みは首の筋肉を緊張させるため、筋肉が縮む力により関節や椎間板に通常よりも大きな力がかかります。
このため寝違えでは首が動かないほどの痛みと緊張がある状態になってしまいます。

背骨と骨盤のずれを矯正

原因と症状

カイロプラクティックでは、このような症状に対し、患部を直接的に触るのでは無く、背骨と骨盤のずれを矯正することで、神経の伝達妨害と筋肉のコンディションを回復させ、 症状の改善を図ると考えられています。▸当院のカイロプラクティックはこちら

施術の流れ・料金

ご予約


menu