腰痛・肩こりでお悩みなら中目黒駅徒歩30秒の中目黒義整体院

急な寝違え

急な寝違え

急な寝違えで悩んでいる方へ

寝違えとは

どうして寝違えが起こるの?

寝違えとは一般に、起床時に首や背中等にこれまでに無かった痛みが生じることを指します。
寝違えは首を動かしたときの痛みが強く、ひどい場合は痛みで首が固まったようにほとんど動かせなくなったり、数日に渡り痛みが持続することもあります。
寝違えでは、首の痛みに朝起きて気付くため、悪い寝方などで首を違えてしまって痛みが起こったということから、「寝違え」と言われるようになったのだと思われます。
しかし実際は、医学的には寝違えという病名はありません。
寝違えのような首の痛みは、日中起きている間にも急に発症することがあります。
医学的見地からすると、首の痛みを生じる頚椎症(けいついしょう)という病気が、朝起きた時に発症したものを「寝違え」と一般の方が呼んでいると考えられます。

椎間板の問題が首への負担に

原因と症状

もともと首の関節や椎間板などに問題がある場合、寝る姿勢が悪い、枕が合わないなど、ちょっとしたことがきっかけになり、首の痛みが発症します。
悪い寝相や枕はきっかけに過ぎないため、首の状態が良くないことが寝違えの根本原因と考えた方がよいでしょう。
寝違えを何度も繰り返す人は、普段は症状がなくても首のゆがみや病気が隠れている可能性が高いのです。
痛みは首の筋肉を緊張させるため、筋肉が縮む力により関節や椎間板に通常よりも大きな力がかかります。
傷ついた関節や椎間板に力がかかることによって痛みが増すと、さらに首の緊張は強くなり、痛みと緊張の悪循環に入ってしまいます。
このため寝違えでは首が動かないほどの痛みと緊張がある状態になってしまいます。

当院では、関節、椎間板、神経など、痛みの原因がどこにあるのかを細かく検査し、背骨の矯正によって寝違えの痛みを取り除きます。
また、痛みを取るだけでなく、寝違えの元になった根本原因を探ります。
首の状態が悪い場合、多くは首だけでなく背中や腰にも問題が潜んでいます。
背中や腰を含む背骨のゆがみ全体を正常に戻すことで、首の負担は減少し、寝違えだけでなく様々な病気を予防することができます。
また、姿勢などの生活習慣の見直しも重要になります。
寝違えになると枕や布団が悪いのではないか、と考えてしまいますが、実は仕事中の姿勢や家での過ごし方など、日常生活の中に首の状態が悪くなる本当の理由が潜んでいます。
当院では施術だけでなく予防ができるように、生活習慣のアドバイスも重視しています。

施術の流れ・料金

ご予約


menu